/

この記事は会員限定です

ホテル・旅館「提携必要」35% コロナ禍で経営再建

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行で旅行者が減り、ホテルや旅館の運営会社の35%が事業を続けていくため外部の企業などと提携が必要と考えていることが民間の調査で分かった。資金や事業再建のノウハウが十分ではなく、異業種とのM&A(合併・買収)を含め生き残りを探っているようだ。感染予防のための改装やIT(情報技術)の充実にも関心が高い。

大手会計事務所系のM&A助言会社、KPMG FAS(東京・千代田)が6月に、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン