/

ロシアヘリが領空侵犯 北海道知床岬、空自対応

防衛省は2日深夜、ロシアの「Mi8」ヘリコプター1機が同日午後0時25分ごろ、北海道知床岬付近の日本領空を侵犯したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応。ヘリに領空から出るよう警告した。

領空侵犯したロシアの「Mi8」ヘリコプター(防衛省提供)=共同

防衛省によると、空自が撮影したヘリの機体は黄色く、赤十字のマークも確認でき、ロシア軍の所属ではない可能性がある。ヘリは誤って日本領空に入ったとみられる。数分間で領空から退去し、挑発行為などはなかった。日本政府は、外務省を通じロシア政府に抗議した。

最近のロシアによる領空侵犯は、昨年6月、沖縄県・南大東島と東京都・八丈島付近で爆撃機が入ったケースや、同7月に韓国が実効支配している島根県・竹島付近に空中警戒管制機が入った例がある。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン