/

この記事は会員限定です

JPX株「野村超え」は幻か システム障害が試す独占

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

傘下の東京証券取引所が1日、全銘柄の終日売買停止に追い込まれた日本取引所グループ(JPX)。東証が取引を再開した翌2日にJPX株は売られたが、それまでは右肩上がりで上昇してきており、時価総額は証券最大手の野村ホールディングスをもう少しで抜く勢いだった。大規模なシステム障害を引き起こしたことで、あわや実現しかけていた「野村超え」は幻に終わるのか。

「私自身もどうしてこんなに(株価が)上がっているのか説明できない。不安でしょうがないという...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2181文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン