/

この記事は会員限定です

不動産の恒大、募る財務不安 人民銀の基準抵触か

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】中国不動産大手の中国恒大集団の株価が乱高下している。市場が成熟化に向かうなかでも拡大路線を続けた結果、負債が積み上がり、財務状況は中国人民銀行(中央銀行)が新たに設けた規制基準を超えているとされる。不審の目が他の不動産会社にも広がれば、中国経済の混乱要因になりかねない。

株価が乱高下、「でっちあげ」書類も

「請願が認められなければ債務不履行を招く可能性もある」。9月24日、恒大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン