ザイオソフト、肺炎画像をAIで診断 コロナに応用

2020/10/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療用画像処理システムのザイオソフト(東京・港)は年内にも、肺全体に病変が広がる「びまん性肺疾患」を人工知能(AI)で解析するソフトウエアを発売する。人間の目で分かりにくい病気の広がりや呼吸機能の状態を高い精度で判別。新型コロナウイルス感染の診断や重症度の評価にも応用できるとみて、医療機関と研究を進める。

びまん性肺疾患の画像解析ソフト「QZIP-ILD」を開発した。年内にも厚生労働省の製造販売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]