/

この記事は会員限定です

ヤンマー、京都でバイオガス発電 廃棄物を原料に

[有料会員限定]

ヤンマーホールディングス(HD)は2021年半ばに京都府内でバイオガス発電を始める。廃棄物処理業者の敷地を借り、家畜のふん尿や食品残さから出るガスを買い取って原料にする。生み出した電力は固定価格買い取り制度(FIT)で売電し、収益とする。

グループのヤンマーエネルギーシステムを通じて展開する。発電システムの出力は150キロワットで年間売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン