インドネシアで水力発電 富山の新日本コンサルタント

2020/10/2 20:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設設計の新日本コンサルタント(富山市)は水力発電所を中心とした発電事業を強化する。電力が不足するインドネシアで3、4カ所の水力発電所を計画しており、3年後の同事業の売上高を2.5倍の6億円に増やす。売電で得た資金を主力のコンサル事業の新たな技術開発に生かし、競争力強化につなげる。

同社の発電事業は2014年の富山市内の太陽光発電所が最初。その後、金沢市と富山県南砺市で水力発電所の運営を始めた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]