/

大都市圏の人材 石川県内企業に 金沢大など

大都市圏など石川県外の企業で活躍した8人に委嘱状が渡された(2日、金沢市)

金沢大学に客員研究員として在籍しながら、石川県内の企業の課題解決を担う「共創型企業・人材展開プログラム」の開講式が2日、金沢市内であった。金沢大と北国銀行、企業の共同購買を手掛ける協同組合全国企業振興センター(金沢市)の取り組みで、大都市圏を中心とした人材の県内への呼び込みを狙う。

75人の応募があり、8人が研究員に決まった。東京や大阪などの大手企業やスタートアップで活躍した人材が集まった。受け入れ先の企業は歯愛メディカルやカジナイロン(金沢市)など。平日のうち3~4日は企業に行き、1日は大学でワークショップや研究活動をする。任期は3月末までの6カ月間となる。

2019年度は観光産業に絞り、同様の取り組みを実施した。9人が参加し、うち7人は正社員などの形で石川県内に定着したという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン