/

東鉱商事、郡山市の高台に物流機能移転へ 10億円投資

福島県郡山市は2日、化学薬品卸の東鉱商事(茨城県日立市)と郡山西部第一工業団地の1.4ヘクタールの土地について売却契約を結んだと発表した。東鉱商事は2019年秋の水害で被災した郡山中央工業団地にある物流センターの機能を高台にある西部第一工業団地に移す。新しい倉庫は延べ床面積4000平方メートルで総投資額は約10億円。稼働は21年7月の予定。郡山市からは水害被災企業向けの補助金や固定資産税の減免措置が受けられる見通しだ。中央工業団地の別の場所にある郡山営業部はそのまま残る。水害のあと防災上の観点から中央工業団地から移転する企業が相次いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン