/

この記事は会員限定です

[社説]解決策が見えないティックトック問題

[有料会員限定]

日本でも多くの利用者を持つ中国製アプリとどう向き合えばいいのか。中国動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用を巡って米国で混乱が続いている。

ことの発端は今夏に、トランプ米政権がティックトックを運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)に対し、米国事業を米企業に売却しなければ「安全保障上の懸念」を理由に同アプリの利用を禁じると表明したことだ。

バイトダンスはこれを受けて米オラクルとウォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン