/

この記事は会員限定です

菅首相に日米豪印の遺産 「準同盟」で中国と対峙へ

編集委員 滝田 洋一

[有料会員限定]

トランプ米大統領のコロナ感染が明らかになるなど、政治の世界の一寸先は闇だ。

そんななか菅義偉首相の電話外交がスタートした。9月25日におやっと思う一幕があった。中国との会談を前に、当日になってインドとの会談がスッと入ってきた。習近平国家主席とは午後9時から、モディ首相は同4時半すぎからとなった。

外交は優れて順番のゲームである。日本はインド重視をアピールした形になった。

25日までに会談した首脳の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1937文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン