/

千葉・市川市、中核市へ移行目指す 独自に保健所設置

千葉県市川市は、より幅広い行政権限を持つ中核市への移行を目指す。新型コロナウイルス対策など保健衛生行政の強化へ独自の保健所を設けるのが大きな狙い。早ければ2023年度から移行したい考えで、県との協議などに乗り出す。

中核市は人口20万人以上が要件で同市は約49万人。9月の市議会で村越祐民市長が「なるべく早く手続きを進めたい」と表明。理由として「新型コロナへの効率的な対応には自前の保健所が不可欠」と強調した。

市内にある県運営の保健所、市川健康福祉センターは浦安市も管轄している。機動的な感染症対策を行うには単独の保健所が必要と判断し、介護福祉などの行政権限も県から得られる中核市を目指すことにした。

県と市の議会での議決が指定の前提となる。市は保健所だけでも概算で約50人の職員と年間約4億3000万円の財政負担が必要とみる。中核市は県内の船橋市と柏市を含めて全国に60市ある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン