/

この記事は会員限定です

日本製鉄、高炉1基を年内再稼働へ 車など需要戻る

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

日本製鉄が鋼材需要の低迷を理由に一時休止している千葉県君津市の高炉1基を2020年中に再稼働させる検討に入ったことが分かった。自動車や家電など国内顧客の注文が増えており、JFEスチールも9月に高炉を再稼働した。今回の日鉄の再稼働で、国内粗鋼生産能力は新型コロナウイルス拡大前の9割程度に回復する。

日鉄は新型コロナに伴う需要の急減を受け、6月に東日本製鉄所君津地区の「第2高炉」を一時休止した。約3500人の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン