/

この記事は会員限定です

揺らぐ秩序、「盟主」に試練 東西ドイツ統一30年

陰る自由貿易 新冷戦の足音

[有料会員限定]

冷戦の終わりを象徴するドイツ再統一から3日で30年。統一ドイツは冷戦後の開かれた世界で輸出主導の成長をなし遂げ、欧州の盟主の座をつかんだ。だが、足元では米中の「新冷戦」で繁栄の基盤だった自由貿易に陰りも見え始めた。

「中国は経済的にかなり強くなった。公正な競争条件を求めるのは当然だ」。メルケル独首相は9月、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とのテレビ会議の後に厳しい表情をみせた。

メルケル氏が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1931文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン