/

この記事は会員限定です

岐路に立つタイ 反発強める若者 T・ポンスディラック氏

タイ・チュラロンコン大学安全保障国際問題研究所長

[有料会員限定]

タイにおける新世紀最初の20年間は、協調には程遠いものだった。抗議デモ隊と軍の衝突が繰り返され、2度の軍事クーデターが発生し、新憲法も2回制定された。そんな中、今年9月には首都バンコクで大規模なデモが行われ、タイは新たな岐路に立っている。

その核心は誰がどのように統治すべきかという問題だ。今回は軍や王室、司法、官僚を中心とした「黄シャツ」勢力と、農村部を拠点とするタクシン元首相派の「赤シャツ」の対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン