/

この記事は会員限定です

清水建設、定年65歳に延長 地域社員は昇進上限上げ

[有料会員限定]

清水建設は2021年4月から全社員を対象に、定年を60歳から65歳に延長する。建設業界は若手を中心に人手不足が課題だ。経験豊富な人材を確保するとともに、従業員の働きがいにつなげる狙いもある。

現在は60歳で定年した後に、1年ごとに更新する契約社員として再雇用していた。21年4月以降に60歳を迎えた社員を対象に新たな定年制度を適用する。最長65歳まで正社員として雇用する枠組みとし、退職時期は本人の希望で選べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン