/

この記事は会員限定です

登録文化財を民間活用 北海道・江別のランドマーク

[有料会員限定]

北海道江別市は国の登録文化財「北海道林木育種場旧庁舎」の民間活用に乗り出す。昭和初期の建築当時では珍しい洋風近代建築物で、札幌市の隣に位置する江別市のランドマーク的な存在。保存・活用する事業者を募集し、民間のアイデアで地域の雇用の創出や地域活性化を目指す。

北海道林木育種場旧庁舎は1927年に建築され、林業の研究施設として96年まで使用された。特別応接室は戦前に昭和天皇が公務の際に立ち寄った場所で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン