/

この記事は会員限定です

賃貸オーナー支援策も議論必要 藤曲武美氏

税理士

[有料会員限定]

コロナ禍が収束しない中、テナントビルやアパートなど賃貸不動産のオーナー(貸主)にも深刻な影響が出始めている。飲食店などが入居するテナントビルを中心に、賃料収入が大幅に減っているためだ。オーナーは地主や経営者など富裕層が多く、相続税対策のため多額の借り入れをして物件を取得した人は少なくない。賃料収入の大幅減が続けば、借入金の返済が滞りかねない。

こうした富裕層に対して支援を考えることは「金持ち優遇」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン