/

この記事は会員限定です

静岡の茶生産が過去最低 鹿児島の猛追で首位危うく

クリック

[有料会員限定]

日本一の生産量を誇る静岡県の茶産業が不振にあえいでいる。農林水産省が8月にまとめた統計によると、2020年に最初に摘んだ一番茶で作った原料の「荒茶」生産量は、前年比14%減の9420トンと過去最少。1万トンを下回るのは1965年以降初めてだ。生産量2位の鹿児島県との差が縮まっており、関係者は危機感を強めている。

「昨秋の乾燥や暖冬に加えて、3~4月の低温で芽が伸びなかった」。茶の販売会社、静岡茶市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン