/

この記事は会員限定です

政令市廃止、大阪で問う 都構想で11月に住民投票

[有料会員限定]

大阪市を廃止して4つの特別区を設置する「大阪都構想」の是非を問う住民投票が11月1日に実施される。住民投票は僅差で否決された2015年5月に続き2度目。賛成多数になれば、政令指定都市制度の開始以来、初の廃止となる。大阪都構想を巡り約10年間続いた論争が決着する。

■成長戦略、府に一元化

都構想の法的根拠は、2012年に成立した大都市地域特別区設置法(大都市法)だ。住民投票の結果には法的拘束力があり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2089文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン