/

性別決めるタンパク質発見 阪大、マウス遺伝子を解析

マウスの性別を決定するタンパク質を発見したと、大阪大の宮脇慎吾招へい教員(分子生物学)らのチームが、米科学誌サイエンス電子版に1日付で発表した。これまで性別を決めると考えられてきたタンパク質とは別のもの。チームは「哺乳類の性を決める仕組みの解明が期待できる。今後は人などでも検証したい」としている。

"性転換"実験に成功したマウス=大阪大提供・共同

ほぼ全ての哺乳類は、性染色体を「XとX」のペアで持つと雌、「XとY」で持つと雄になる。チームはこのうち、Y染色体にあるSryという遺伝子を最新の手法で解析し、これまで知られていなかったタンパク質「SRY-T」を作っていることを突き止めた。

XY型の染色体を持ち、雄になるはずのマウスの胎児の遺伝情報を操作し、このタンパク質を作れなくすると、卵巣を持った雌が生まれた。逆に、雌になるはずのXX型にこのタンパク質を強制的に作らせると、精巣を持った雄が生まれ、"性転換"実験に成功した。

一方、これまで性別を決めていると思われていたタンパク質は、実際は体内で作られても壊れやすいことを解明。性別の決定にはほとんど貢献していないと結論づけた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン