/

この記事は会員限定です

ユニバンス、構造改革急ぐ 浜松工場の生産移管へ

[有料会員限定]

自動車向けの駆動系部品を手掛けるユニバンスが構造改革を急いでいる。大幅赤字となった2020年3月期の業績を受け、4月に社長に復帰した鈴木一和雄会長は、浜松工場(浜松市)で手掛ける四輪車部品や二輪車部品の生産をほかの国内工場に移管する方針を明らかにした。固定費削減を加速する構えだ。

鈴木氏は「21年3月末までに、売上高が20年3月期の水準から3割程度減っても黒字を出せる体質をめざす。目標の6割強は達...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン