/

この記事は会員限定です

[FT]トランプ政権、対中政策でバチカンに圧力

[有料会員限定]

ポンペオ米国務長官は公式訪問したキリスト教カトリック総本山のバチカン(ローマ教皇庁)で、中国における信教の自由の状況について改めて批判した。バチカンが中国への融和政策をとって同国内のカトリック教徒の権利を守ろうとしていることをめぐり、米側と摩擦が生じている。

米中対立がバチカンに波及

「現在、中国国内ほど信教の自由が侵害されているところはない。それというのも、あらゆる共産主義体制がそうであるよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン