/

この記事は会員限定です

賞与・退職金は正社員だけ? 最高裁判断へ

[有料会員限定]

有期雇用の非正規社員と正社員の待遇差が不合理かを争う5つの訴訟に、最高裁が13日と15日に判決を出す。中でも注目されるのが賞与や退職金を非正規社員に払わないことの可否の判断だ。企業側は日本的長期雇用のインセンティブだと主張するが、非正規比率が4割弱の現在もなお正社員の特権なのか法的に詰められる。(シニアライター 礒哲司)

「賞与支給日に下を向いていた非正規労働者も一緒に笑える社会であってほしい」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン