/

この記事は会員限定です

銀行の口座・通帳に手数料 少額の預金、解約も選択肢

[有料会員限定]
 銀行の預金者が手数料を払う仕組みの導入が相次いでいます。みずほ銀行が2021年から新規の口座で紙の通帳を発行する際に料金を徴収するほか、地方銀行などは使われていない少額の口座から定額を引き落とします。低金利で預金が増えないうえに、手数料で減るようになってしまうのでしょうか。

 Q なぜ今、手数料の導入が相次いでいるのですか。

A 銀行の経営環境が悪化しているのが一因です。日本の銀行は本来、預金者か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン