/

学術会議人事見直さず 官房長官

加藤勝信官房長官は2日午前の記者会見で、学術の立場から政策提言する行政機関「日本学術会議」の人事を見直す考えがないとの立場を示した。学者の研究活動の萎縮にはつながらないとの認識も表明した。

日本学術会議の人事を巡っては同会議が推薦した学者6人の任命を見送っている。政府方針に異を唱える学者を政府側が排除したのではないかとの見方がある。加藤氏は「任命権者の首相が日本学術会議法に基づいて任命を行った」と語った。

立憲民主党など野党は2日、内閣府に事実関係を確認した。野党は「学問の自由への侵害だ」などと批判している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン