/

この記事は会員限定です

取締役のスキル、マトリクスで紹介 多様性の確認促す

[有料会員限定]

上場企業が取締役の専門性やスキルをマトリクス図で紹介する動きが広がっている。企業統治(コーポレートガバナンス)の強化を目指し、女性や外国人などダイバーシティ(多様性)への配慮や全体としてバランスのとれた運営が求められているからだ。

専門性、強みを図で明示

資生堂は2020年の株主総会の招集通知で、役員(取締役と監査役)のスキルマトリクスを紹介した。「取締役会の多様性と必要なスキルをメンバー間で押さえてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1979文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン