家族の節目に保険見直し 出産や住宅、保障額に変化

生・損保
備える
2020/10/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物といわれる。年間で10万円単位にもなる保険料を長期にわたり払い続けるためだ。働き手の「万一」への備えは家族が安心して暮らすために欠かせないが、過剰な保険契約が家計を圧迫しては本末転倒だ。必要な保障額は家族構成や時期により大きく異なる。必要に応じて見直し、効率的な家計運営につなげたい。

「適切な保障額を確保している家庭は意外に少ない」。ファイナンシャルプランナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]