/

この記事は会員限定です

親の自宅だれが継ぐ 登記早めに、法改正案で罰則も

[有料会員限定]

「お母さんの家は誰が相続するのかな」。都内に住む会社員Aさん(50)がこう聞くと、弟や妹は黙り込んだ。中国地方で一人暮らしをしていた母親は昨年10月亡くなり、母名義の自宅と預貯金約1200万円が残された。だれが、どの財産を相続するかを決める遺産分割協議で預貯金は3等分することですぐに合意したが、自宅は誰も欲しがらない。

いつまでも放置できず

Aさんきょうだい3人は地元を離れて暮らし、それぞれ持ち家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン