/

投資家「乱高下なくてよかった」 東証で売買再開

(更新)
東証で取引が再開し、値が表示された株価ボード(2日午前、東京都中央区)

東京証券取引所がシステム障害で1日に終日停止した株式全銘柄の売買を再開した2日、個人投資家からは「株価が気になっていたが、乱高下していなくてよかった」「海外からの信用がなくなると困る」と安堵や懸念の声が上がった。

JR東京駅近くの証券会社の電子ボードには、通常通りの取引が始まった午前9時ごろ、株の銘柄にそれぞれ株価が表示された。飲食関係の株を持つという千葉県大網白里市の男性会社員(52)は「終日取引が停止になって株価がどうなるか気になっていたが、乱高下していなくてよかった」とほっとした様子。

自動車メーカーなどの株を保有する大学教員の男性(65)=京都市=は「海外からの信用がなくなってしまうと困る。二度とこのようなことが起こらないようきちんとしたバックアップを整えてほしい」と注文した。

名古屋市の名古屋証券取引所前でも、立ち止まって電子ボードを眺める人の姿が散見された。近くの会社に勤務する愛知県東海市の会社員、伊東哲朗さん(62)は「どこに責任があるのか、原因を突き止めてほしい。トラブルの際、しっかり機能する第2、第3の安全弁が必要ではないか」と指摘した。

福岡市中央区の証券会社前。30年以上株の売買をし、毎日株価を確認しているという同市の投資家、亀井朗さん(66)は電子ボードを見ながら「昨日の株価との比較を示すプラス値やマイナス値が表記されておらず違和感がある。それでも平穏な日常に戻りほっとした」と話した。同市の80代の男性投資家は「昨日はニュースを見て驚いた。同じ事が起きないよう対策してほしい」と淡々と語った。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン