/

JDIに38億円の賠償請求 不適正会計で株主

JDIは過去の不適切な会計処理で損害を被ったとして、株主から損害賠償を請求されたと発表した

液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は2日、過去の不適切な会計処理で損害を被ったとして、株主から損害賠償を請求されたと発表した。同社と元取締役、現取締役の計10人が対象で請求額は38億5870万円。JDIは「原告の主張を踏まえて適切に対応する」としている。

JDIは在庫の過大計上などによる不適切会計が発覚し、2015年3月期から19年4~9月期までの過年度の決算を修正した。

原告は個人株主の内海章雄氏と、同氏が代表を務める2社。東京地方裁判所に7月16日に提訴され、JDI側には9月30日に訴状が届いた。JDIは翌日の10月1日に適時開示する予定だったが、東証のシステム障害の影響などで2日にずれ込んだという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン