米アプライド、旧日立系の買収期限を12月に延期

2020/10/2 9:17
保存
共有
印刷
その他

米半導体装置大手のアプライドマテリアルズは1日までに、旧日立製作所系の装置メーカー、KOKUSAI ELECTRIC(東京・千代田)の買収期限を2020年12月30日に延ばすと発表した。中国当局からの買収承認を得るのに時間を要しているため。延長は2回目となる。

米アプライドマテリアルズ=ロイター

アプライドは19年7月、投資ファンドの米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)からKOKUSAIの全株式を取得すると発表していた。当初は1年以内の手続き完了をめざしていたが、20年6月末までに許可が出なかったためいったん9月末まで期限を延ばしていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]