/

ルネサス、アーム対抗のRISC-Vプロセッサー採用

日経クロステック

ルネサスエレクトロニクスは1日、オープンソースのプロセッサー命令セット「RISC-V(リスクファイブ)」ベースのCPU(中央演算処理装置)コア(RISC-Vコア)を使って、ASSP(応用先を絞った汎用IC)を開発すると発表した。同社がRISC-Vを採用するのは、今回が初めて。台湾アンデス・テクノロジーのRISC-Vコアを集積したASSPを開発し、2021年下期にサンプル出荷を開始する予定だ。

現在、スマートフォン向けのCPUやメモリーなどを1つのチップに搭載したSoC(システム・オン・チップ)や32ビットマイコンでは、広く英アームのCPUコア(Armコア)が普及している。一方でArmコアの普及が進み過ぎて独占状態になることを懸念する声もある。

研究者や大学、企業などが「RISC-Vファンデーション」と呼ぶ組織を設立し、Armコアに対抗すべく、プロセッサーの命令セットなどを定義してオープンソースで公開している。当初は大学や研究所といった限られたユーザーだけが使っていたが、最近は中国の半導体メーカーなどが商用SoCでも積極的に利用している。

市場の拡大を見込み、独自CPUコアを開発・提供していた中小規模の企業が、独自CPUコアに見切りをつけてRISC-Vコア事業に乗り出している。今回、ルネサスがCPUコアの調達先に決めたアンデスもそうした1社といえる。

アンデスは15年に独自CPUコアの新製品発表を行っており、その後はRISC-Vコア事業のアピールが盛んである。アンデスは32ビット版と64ビット版のRISC-Vコアを開発提供しており、ルネサスが今回、32ビット版を採用した。

独自コアやArmコアとは使い分ける

ルネサスは独自のCPUコアを持つほか、1年ほど前からArmコアのマイコン製品にも本格的に乗り出した。同社によれば、ルネサス独自コアマイコンやArmコアマイコンは広く普及していることから、広範な用途に向けたマイコンやSoCでは独自コアやArmコアを使う。一方、用途を特定したASSPでは、Armコアに比べて拡張(カスタマイズ)の制限が極めて少ないRISC-Vコアを利用することで、その用途に最適なCPUコアに仕立てることが可能になり、市場競争力の高いASSPが開発できるという。

上述したように、RISC-Vコアを提供する企業は数多いが、その中からアンデスを選んだ理由をルネサスは次のように説明している。

まず、実績が豊富なこと。アンデスによれば、同社のCPUコアを集積した集積回路(IC)・SoCの出荷個数は50億個を超えているという。また、「カスタマイズできる機能が豊富でかつカスタマイズが容易なこと、そして堅ろうなセキュリティー機能を備えていることに着目した」(ルネサス)とのことだった。

ルネサスは現時点でRISC-Vコア搭載ASSPのアプリケーションを明言していないが、このASSPにはルネサス製のファームウエアが搭載される予定。また、アプリケーションプログラムのパラメーター設定専用のユーザー・インタフェース・ツールを提供予定で、これによりユーザーは容易に最適なソリューションを手にできるという。

(日経クロステック/日経エレクトロニクス 小島郁太郎)

[日経クロステック 2020年10月1日掲載]

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン