/

米フォード、ファーリー新CEOが就任 経営陣を刷新

【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターは1日、最高財務責任者(CFO)など経営幹部の交代を発表した。ジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)が同日就任したのに合わせて経営陣を刷新し、不振が続く中国や北米事業の立て直しを図る。

ジム・ファーリー新CEOは経営陣を刷新してテコ入れを図る(9月17日、ミシガン州ディアボーンのフォード本社)=ロイター

同日付でCFOのティム・ストーン氏が退任し、生え抜きで財務畑のジョン・ローラー副社長が後任に就いた。ストーン氏は米アマゾン・ドット・コムの副社長から2019年6月にフォードのCFOに就いたばかりだったが、ニューヨークのソフト開発会社のCFOに転じる。最高情報責任者(CIO)が来年1月に交代する人事も発表した。

フォードは中国市場での新車投入の遅れや北米での品質不良の増加により業績が悪化。前任のジム・ハケットCEOが3年あまりで退任に追い込まれた。11代目のCEOに就任したファーリー氏は「品質改善とコスト削減を加速し業績を立て直す」と述べた。

米自動車大手では18年にゼネラル・モーターズ(GM)で初の女性CFOに就任したディビア・スリヤデバラ氏も今年8月に退任し、電子決済サービスのストライプのCFOに移った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン