/

この記事は会員限定です

追い込まれ解散は与党不利? 高支持率なら単独過半も

[有料会員限定]

次期衆院選は衆院議員の任期が満了する2021年10月までに実施される。歴代首相の衆院解散時期を分析すると、残り任期が短い「追い込まれ解散」は与党に不利な傾向がある。菅義偉首相は情勢を左右する内閣支持率や景気、新型コロナウイルスの状況を見て解散時期を探る。

自民党が結党した1955年以降に21回あった衆院選で、解散した時点で衆院議員の任期がどれくらい残っていたかを調べた。残り任期が一番長かったのは8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン