/

この記事は会員限定です

脱炭素で逆風の石炭火力、効率「かさ上げ」急ぐ電力

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

経済産業省が掲げた非効率な石炭火力発電の廃止方針が、電力や製鉄など幅広い業界に波紋を広げている。日本は電力の3割を石炭火力に依存する。うち半分が非効率設備によるものだ。電力各社は設備更新などの対応を迫られる。廃止対象は安価な電源として独自に石炭火力を運用する製鉄や化学業界にも及び、競争力低下の懸念の声もあがっている。漂流する日本の石炭火力を追った。

非効率は114基

愛知県の南部、衣浦湾に面する碧南火力発電所(同県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン