/

この記事は会員限定です

日本製鉄など3社、不純物多い鉄鉱石からも鉄生産

中国との買い負けリスクに備え

[有料会員限定]

日本製鉄、JFEスチール、神戸製鋼所の鉄鋼大手3社は、不純物が多い鉄鉱石からでも鉄をつくりやすくする技術を共同開発する。中国が鉄鉱石の大量調達を進めており、高品質品で日本が買い負ける恐れがあるためだ。鉄の大量供給で鋼材価格を下げてきた中国だが、原料不足も招きかねないとして競合が手を組む異例の対応をとる。

中国は世界の鉄の6割を生産しており、鉄鉱石など原料を大量に安く買う力を増している。同国の鉄鉱石の輸入量は2019...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン