/

この記事は会員限定です

カラオケ・ジム利用者半減 霧晴れぬ余暇70兆円市場

消費者1000人調査 8月

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

新型コロナウイルスの流行によって一変した消費活動。特に影響が出ているのが外食やレジャーなどの余暇消費だ。日経MJが5月に引き続き全国の消費者1000人に調査したところ、夏休みシーズンの8月に旅行した人はわずか1割だった。カラオケやスポーツジムなどの利用者もコロナ前の半分にとどまった。コロナの感染拡大が日本で本格化して半年余り。約72兆円の余暇市場の回復は厳しい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2946文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経MJ」をお手元のデバイスで!

ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで、独自に取材。「日経MJビューアー」を使えば、全てのデバイスで閲覧できるようになります。最初の1カ月間無料でご利用いただけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン