/

この記事は会員限定です

フィリピン航空、従業員3割削減へ コロナで経営悪化

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】フィリピンの大手航空会社フィリピン航空は1日、従業員の3割強にあたる約2700人を削減するリストラに着手した。同社の従業員数は子会社を含めて約7800人。2月に300人を削減したが、新型コロナウイルスの影響で経営が一段と悪化したことでさらなる人員削減に踏み切る。

1日に会社側が従業員に示した人員削減計画によると、フィリピン航空と子会社の格安航空会社(LCC)で働くパイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン