/

この記事は会員限定です

クックパッドの食品流通、自治体・JAと連携し拡大

編集委員 吉田忠則

(更新) [有料会員限定]

東京都町田市にある農産物の直売所「アグリハウス鶴川」。町田市農業協同組合(JA町田市)が運営するこの店舗を9月17日朝、地元のベテラン農家の中溝章雄氏が訪れた。箱に入れて持ってきたのはトマトとナス。料理レシピサービスのクックパッドが運営する食品のネットスーパー「クックパッドマート」に出品するためだ。

クックパッドマートは2018年にサービスが始まった。農家や精肉店、鮮魚店がスマートフォンなどを使って食材を出品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン