/

この記事は会員限定です

名証も終日売買停止、「決算発表後なら影響さらに」

[有料会員限定]

名古屋証券取引所は1日、相場情報の配信に障害が発生したため、株式全銘柄の売買を終日停止した。名証の大規模障害は2010年に東京証券取引所の高速取引システム「アローヘッド」に相乗りして以降、初めて。上場している企業や投資家からは、株価への影響や金融インフラの脆弱性を懸念する声が聞かれた。

名証には291社が上場している。このうちトヨタ自動車JR東海中部電力をはじめ大半は東証と重複上場している。名証単独の上場企業は市場1部に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東証システム障害

東京証券取引所は2020年10月1日、システム障害を受けて全銘柄の取引を終日取りやめました。売買が終日停止されたのは1999年の取引のシステム化以降で初めてでした。この問題に関する最新ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン