/

宇都宮市、虎ノ門にサテライトオフィス

宇都宮市のサテライトオフィスの黒崎泰広所長(左)と伊藤康弘ビジネスコーディネーター

宇都宮市は1日、東京圏から人や企業を呼び込む拠点となるサテライトオフィスを虎ノ門ヒルズビジネスタワー(東京・港)に開設した。15~16階に入るスタートアップや起業家の育成を目的としたインキュベーション施設である「CIC東京」に入居した。施設内外の起業家や研究者らと交流を深め、市内企業との事業連携などを後押しする。

サテライトオフィスは市産業政策課の分室として15階のプライベートオフィスを賃借した。所長として専任職員を1人、金融機関出身のビジネスコーディネーター1人を配置する。

8日には活動第1弾として、農業の経営改善支援を手がける佐川友彦氏によるウェブセミナーを開催する。

黒崎泰広所長は「拠点を設けることで、都内企業とも突っ込んだ話ができるようになる。優秀な人材が宇都宮市に目を向けるきっかけを作りたい」と意気込む。

CICは米国発のイノベーション拠点で1999年の創立後、米国中心に8都市で展開してきた。10月に開設した東京はアジアで初の拠点となる。2フロアで約6000平方メートルの広さがあり、2年後にスタートアップ200社の集積を目指すとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン