「コロナでも喜び不変」糸井重里さん、時代の節目を語る

日経MJ
2020/10/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コピーライター、作詞家、ゲーム制作、そしてウェブ事業「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)の経営者――。職名は変われど、40年以上にわたり常に時代を切り取るコンテンツを生み出してきた糸井重里氏(71)。新型コロナウイルスが拡大した2020年という時代の節目に何を思うのか。会社の経営から消費の流れ、そして理想の生き方まで糸井流で語った。(聞き手は日経MJ編集長 鈴木哲也)

■「何のため」本質考える

――コ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]