自民政調会長、経済安保で推進法検討 21年通常国会にも

菅内閣発足
2020/10/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の下村博文政調会長は日本経済新聞のインタビューで、経済政策に経済安全保障の視点を反映する必要性を盛り込む経済安保の推進法案の策定を検討する方針を明らかにした。早ければ2021年の通常国会への提出をめざす意向も示した。

新型コロナウイルスへの対応ではサプライチェーン(供給網)の中国依存により、医療用マスク・防護服など緊急物資が国内で供給不足になった。政府は企業に国内生産や在庫管理の拡充を通じ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]