日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月26日 148.241 +1.128

[PR]

商品ニュース

食肉輸入量17・5%減 牛・豚・鶏、軒並みマイナス 8月、5年ぶり低水準に

2020/10/1 19:04
保存
共有
印刷
その他

食肉の輸入量が減少している。財務省の貿易統計によると、8月は前年同月比17.5%減の15万5994トン。8月単月としては5年ぶりの低水準となった。牛・豚・鶏の全てが前年を下回った。新型コロナウイルスの外出自粛による外食需要の減退などが響いた。

品目別にみると、牛肉が11.8%減の4万7203トン。豚肉が19.5%減の6万8478トン。鶏肉が20.2%減の4万313トンとなった。

輸入食肉は外食や加工食品に使う場合が多く、新型コロナに伴う外食機会の減少が逆風となった。食肉在庫量も6月末に過去最高を更新するなど高水準が続く。

商社の豚肉輸入担当者は「相場や消費の低迷を受けて買い付けを慎重にせざるを得なかった」と明かす。食品メーカーの鶏肉輸入担当者も「ほとんど投げ売り状態だが、なかなか買い手が見つからない。まずは輸入するよりも在庫を減らさなければ」と頭を抱える。

今後も外食需要が新型コロナ前の状況まで急速に改善するとの見方は少ない。商社の担当者は「輸入量は減少傾向が続きそうだ」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム