/

救急搬送時、病院と患者情報を短時間で共有 弘前市

青森県弘前市は救急搬送時に患者の状態を短時間で医療機関と共有できるシステムの実証運用を始めた。セキュリティーが高い専用に開発されたアプリで救急隊員が患者の情報を入力。写真や動画と合わせて医療機関に送信し、適切な救急搬送先などを選択する。短時間で適切な治療開始が可能になるという。

救急隊員がスマホを使って医療機関と患者情報を共有する(弘前地区消防事務組合)

導入するアプリはシステム開発のアルム(東京・渋谷)が開発した2種類。画像を含む情報をLINEのように簡易にやりとりできる「Join(ジョイン)」と、アプリの質問に答えていくことで患者の重症度を判断できる「Join Triage(ジョイントリアージ)」。

弘前市など8市町村を管轄する弘前地区消防事務組合の救急車全15台と消防本部に配備した。弘前大学医学部付属病院など5医療機関と連携する。医療機関が患者情報を視覚的にも把握できることで正確な情報を共有でき、重症度に応じて適切な医療機関への搬送につながるという。2020年度末まで実証運用し、21年度からの本格運用を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン