/

北陸電力、富山新港火力1号機を休止 原油調達難しく

北陸電力は1日、石油を燃料とする富山新港火力発電所1号機(富山県射水市)を同日から休止したと発表した。1974年に運転を始めた定格出力24万キロワットの設備で、使用する硫黄成分の少ない燃料の調達が難しくなっていることから休止を決めた。燃料の違う富山火力4号機(富山市)と福井火力三国1号機(福井県坂井市)の運転は続ける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン