/

この記事は会員限定です

ライバル 将棋棋士 谷川浩司

[有料会員限定]

ライバルの定義は難しいが、将棋界では対局数が一つの目安となる。同一カードの記録を記すと、第1位が中原誠・米長邦雄戦の187局で、タイトル戦は20回。第2位が羽生善治・谷川戦の168局で、タイトル戦は22回。第3位が大山康晴・升田幸三戦の167局で、タイトル戦は20回である。

お互いがトップ棋士として、タイトル戦の七番勝負や五番勝負を数多く戦わないと、なかなか対局数は増えない。

私が羽生さんと一番多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン