/

この記事は会員限定です

イタリア文学者・和田忠彦さん 原点の「ピノッキオ」

[有料会員限定]
わだ・ただひこ 1952年長野県生まれ。東京外国語大名誉教授。ウンベルト・エーコやアントニオ・タブッキらイタリア文学の翻訳を多数手掛ける。著書に「遠まわりして聴く」「ヴェネツィア 水の夢」など。

「ピノッキオ」と「クオレ」

めぐり合わせ、いや、仕合(しあ)わせと言うのがふさわしい出来事が重なって、いまの自分がある。誰の身にも起こることだろうけれど、しばしばそれは、遠い昔の記憶がなにかを引き鉄にして、今と結びついた瞬間に訪れる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4312文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン