/

横尾忠則さんら名誉都民に 都庁で顕彰式

東京都は1日、2020年度の名誉都民に美術家の横尾忠則さん(84)、照明デザイナーの石井幹子さん(81)、江戸切子職人の滝沢利夫さん(82)を選び、都庁で顕彰式を開いた。

東京都は美術家の横尾忠則氏(右)らを名誉都民に選んだ

横尾さんを選んだ理由について「大衆的なイメージと神秘的なイメージの混在した独自の作風を確立し、世界的評価を不動のものとした」と説明。石井さんは「新たな照明デザインの魅力を開拓してきた」、滝沢さんは江戸切子の伝統を後世に伝える活動に精力的に取り組んできたことを顕彰理由として挙げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン